データ作成・入校についてのご案内

データ作成・入稿についてのご案内

 
■データ入稿について
・ご入稿につきましては下の3パターンからお選び頂けます。
・各メディアに保存できない方やお急ぎの方は「web入稿」をご利用ください。

・メディア入稿をご希望の方は、ご注文を頂いた際に送り先をお知らせいたします。


メール入稿
5MBまで
Web入稿
800MBまで
メディア入稿
CD-R・MO・DVD-R
USBメモリー等


■入稿される時の注意事項
完全データとは
イラストレータやPDF等で作成され、こちらで手直しを一切することなく印刷にまわせるデータのことです。
カラーの場合はCMYKで。モノクロの場合はK一色で作っている。
文字は全てアウトライン処理がされており、フォントデータが残っていない状態にする。
写真やイラスト等の画像が配置されている場合、配置してある画像がきちんとリンクされている状態で、その画像自体も一緒に入稿されている状態。
リンクされている画像がないと印刷できません。
リンクではなく埋め込み画像でも構いませんがこちらで修正ができなくなります。
ワードやエクセルで入稿をされる場合、ワードやエクセルの性質上RGBでデータが生成されるため印刷前にCMYK変換処理を施します。その際、画面上の色合いとは変わってしまう恐れがありますので予めご了承ください。基本的に少し濃い色になります。
PDFで入稿される場合、フォントの埋め込みを必ず行って下さい。フォントが埋め込まれていないと文字化けの原因となります。


カンプとは
 カンプとはお客様の方で用意して頂く出力見本です。このカンプと入稿されたデータを見比べることで、データがあっているか? 色合いがあっているか? フォントが化けていないか? 等を確認するために必須の物です。カンプがないと確認作業ができませんので印刷ができません。(カンプで確認する内容はあくまでも印刷データとして不備がないかのチェックです。一文字ずつ内容を確認しての文字校正ではありませんのでご注意ください。)
それでも印刷して欲しいということでしたら印刷はできますが、お客様の想像されている仕上がりと異なってしまう場合がでてきます。この場合、弊社では責任を負いかねますので予めご了承ください。


カンプの作り方は下記3パターンがお奨めです。
PDFでカンプを作る
JPGやTIFF等の画像形式でカンプを作る
お客様のプリンタで出力したカンプを郵送もしくはFAXで送信する


入稿前の注意点
1. 必要なデータが揃っているか確認し、一つのフォルダにまとめてください。
特にイラストレータなどに配置してある画像を入れ忘れているケースが多いのでご注意ください。
埋め込み画像(特にjpgやpsdという拡張子の画像をイラストレータに配置するとなりやすいです。)として配置している場合も入れておいてください。
 
2. イラストレータで入稿される場合、テキストはすべてアウトラインをかけてください。
特殊な和文フォントや英文フォントを使用されているケースが多く、アウトラインがかかっていないと文字化けがおこったり最悪開かなかったりします。
 
3. 全てのデータはRGBではなくCMYK(モノクロ仕上がりの場合はK一色)で作って下さい。
RGBで作ってしまうと色合いがおかしくなってしまいます。最悪印刷データとして使えない場合があります。
 
4. カンプが用意できているか確認してください。
カンプの種類はこちらから
 
5. ひとつにまとめたフォルダを必ず圧縮してください。
Windowsでしたら「LZHやZIP形式)
Macでしたら「SITやZIP形式)でお願いします。
圧縮するファイル数が多くなければWindowsXPに標準搭載されているZIPで圧縮する方法があります。但し、ファイル数が多かったりファイルの破損などを考えると圧縮ソフトを使用された方が確実に圧縮ファイルが作れます。

        Windows → +Lhaca など
        Mac → MacLHA などのフリーソフトが一般的です。

自己解凍形式である「exe」や「sea」形式は絶対におやめください。セキュリティー対策上お受けできない形式となっておりますのでご了承下さい。
 
6. 圧縮したファイル名は半角英数でお願いします。
全角文字や半角カタカナは文字化けや破損の原因となりますのでおやめください。

半角英数で30文字以内(拡張子込み)でお願いします。

良い例)「gakusai.lzh や tirashi.zip」など
悪い例)「学祭パンフ.lzh や チラシ.zip」など
 
7. 使用できない文字や長過ぎる名前、化けやすい文字でファイル名はつけないでください。
「#%'?/-」などの記号はwindowsとmacとで使用できたりできなかったりとエラーの原因になりますのでおやめください。

リンク画像のファイル名などは日本語を使用されても構いませんが、全角で15文字/半角で30文字以内(拡張子込み)でお願いします。文字化けによってファイル名が解読できなかったり、イラストレータのリンク画像が読み込めなくなるトラブルの原因となります。(半角2文字=全角1文字)

 良い例)学園祭模擬店画像たこ焼き.eps   → 全角12文字+半角4文字=全角14文字で○

 悪い例)模擬店文化棟1階唐揚げ屋画像.eps → 全角14文字+半角4文字=全角16文字で×

「@ABC・・・などの丸囲み数字や鰍ネどの省略文字は使用しないでください。
ファイル名を変更する場合拡張子まで消さないように気をつけてください。開かなくなる可能性があります。
拡張子とは「tirashi.zip」で例えますと最後の4文字にあたる「.zip」の部分です。これはこのファイルを何のアプリケーションで開けばいいのか?という情報のことです。

ページトップへ