印刷豆知識

カラーについて話

データを作成する場合の色の設定についてご紹介します。そのデータが印刷用なのか、Web用なのかによって、選択する設定が違いますので、要チェックです。

CMYKカラー

色の表現方式で用いられる、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、黒(Black)の4色の組み合わせのことで、配分を調整して混ぜ合わせることによってあらゆる色の表現を実現できる。印刷物で採用されている。

スポットカラー(カスタムカラー)

CMYK以外の単色として作られた色のこと。金色・銀色、パステルカラーなど、CMYKを掛け合わせただけでは作れない色を表現するために用いられる。印刷の場合は特色として扱われる。(問合せ要)

グレースケール

白と黒の濃淡だけで画像を表現する方法のこと。CMYやRGBの色情報を含まないため、白と黒、そして中間色である灰色だけで画像を表現する。白と黒のみで表現したものを2階調、白と黒、および薄い灰色と濃い灰色で表したものを4階調と呼ぶ。モノクロ印刷の際の画像はこの形式で保存する。

RGBカラー

発光によって色を表現する色の組み合わせで、主にディスプレイ画面で色を表現するために用いられる、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3色のこと。各色ごとに明るさを調節することで、様々な色と様々な明るさの色が表現され、あらゆる色を表現することができる。Web用コンテンツ作成の場合はこのカラー設定である。

▲ページトップへ